信州ミュージアムナビ

美術館・博物館へ行こう!長野県は人口当たりの博物館数が日本一。そんな信州の美術館、博物館、文化ホール等で行われる催事イベント情報をお知らせします。

長野県魅力発信ブログ > 信州ミュージアムナビ > 信濃美術館 > 魔法の美術館が開幕しました!

魔法の美術館が開幕しました!

こんにちは、信濃美術館です。

秋です!芸術の秋です!子どもも大人も、一緒に現代アートを楽しんでみませんか?9月14日(土)「驚く!たのしむ!魔法の美術館−ようこそ、光のワンダーランドへ−」が開幕しました。

10時からの開会式は、多くの方々にご参加いただき、華々しい幕開けとなりました。出品作家の松村誠一郎さんは、「お客様が楽しめること、アートを身近に感じていただけることを目指した展覧会です」と挨拶されました。まさに今回の展覧会は、全身を使って楽しめる作品が勢ぞろい!引き続いて行われた内覧会では、出品作家さんによる作品解説が行われ、小さなお子さんはもちろん、スーツ姿の方々までが、みなさん目をキラキラさせて作品を楽しんでいました。

何もないテーブルからピアノの音が聞こえる!スクリーンの前に座ると自分の顔が仮装する!むずかしいことなし、堅苦しいことなし、みなさんの五感をフルに使って、17点のメディア・アートを堪能してみませんか?魔法の美術館展は11月4日(月・振休)まで開催していますので、ぜひ信濃美術館へお越しください!

      
開会式            plaplax《Cage for Kage》   
森脇裕之《Lake Awareness》


【展覧会情報】
●開催中〜10月1日(火)
平成25年度東山魁夷館常設展Ⅲ「Imagine」
優しく静かでありながら、強いメッセージ性をもっている東山さんの作品。戦争のさなかに抱いた死の認識から、戦後「自分も冬枯れの草も木も今ここに生きている」と実感したといいます。あの名曲が重なります。

●開催中〜11月4日(月・振休)
信濃美術館企画展「驚く!たのしむ!魔法の美術館−ようこそ、光のワンダーランドへ−」
光をテーマにした様々な作品が信濃美術館にやってきます。現在、国内外で活躍する日本人アーティストによる作品は、手をかざすと光が波紋を描いたり、カメラの前に立つと顔が仮装したり、めいっぱい体を使って楽しめるものばかり。大人も子どもも、美術館や現代アートは苦手と思っている方も、来て・観て・触れて・楽しめる展覧会です。

【お問合せ先】
長野県信濃美術館
〒380-0801 長野市箱清水1-4-4 電話 026-232-0052/FAX 026-232-0050
e-mail:npsam@coral.ocn.ne.jp / URL http://www.npsam.com


LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE