国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:英国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > その他 > 初夏の白馬を訪れました。(李)

初夏の白馬を訪れました。(李)

平成28年5月24日と25日、中国台湾から来た教育旅行2団体はそれぞれ小谷中学校と白馬高等学校を訪問しました。私もその通訳として、初めて白馬にお邪魔しました。

1998年長野冬季オリンピックで中国人に知られた白馬。行く前に大体見当がついたのですが、着いたところで、あまりにもきれいな景色が目の前に現れたのでまた驚きました。      IMG_4091

 

 

 

 

 

 

初夏の白馬、山はまだ白い雪に覆われています。中国であまり見たことのない景色なので、びっくりしました。

IMG_4097

 

 

 

 

 

 

池の水面に投影された雪山もとてもきれいでした。

IMG_4112

 

 

 

そして、途中で白馬ジャンプ競技場も見学しました。毎年中国からのスキー訓練隊を受け入れていて、中国のオリンピック選手の育成に協力していると聞きました。そして、去年、私の故郷で、2022年冬季オリンピック開催地になった張家口市の視察団も訪問に来ました。IMG_4100

 

 

 

 

 

 

信州白馬村付近には塩の道と呼ばれる古い街道があります。昔日本海沿岸から塩や魚介類を運んだ細い道です。今も歩けますが観光用としても手入れされています。毎年5月3日には塩の道祭りと言って、昔、隣の新潟県から塩を運んだことを記念したお祭りがあります。全校生徒で昔の衣装を着てお祭りに参加すると聞きました。

IMG_4125

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4126

 

 

 

 

 

 

小谷中学校の生徒さんが太鼓の演奏を見せてくれました。

IMG_4120

 

 

 

 

 

 

台湾の生徒さんたちは太鼓の演奏にとても感動したようです。そのほか、弓道部の体験をした台湾の生徒たちは「弓道は簡単そうに見えたけど、意外と難しい」と感想を述べていました。自分の故郷であまり見かけない景色の中で日本の伝統文化を体験できて、台湾の生徒たちは大満足の様子でした。

生徒たちは言葉があまり通じなくても、一生懸命自分の気持ちを表す中で、国際交流の楽しみを味わったでしょう。みんなの笑顔を見て私もこの仕事のやりがいを見つけたような気がしました。

スキーもスノーボードも両方苦手な私でも、一度だけでも白馬のスキー場でチャレンジしてみたいなと思って、冬の訪れを今から楽しみにしています。

またお邪魔します。

よろしくお願いします。^_^

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ