国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の2人(出身国:英国・中国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > CIR活動 > 中国北京市密雲区人民政府友好交流代表団が長野県に来ました。(李)

中国北京市密雲区人民政府友好交流代表団が長野県に来ました。(李)

平成29年4月18日~20日、中国北京市密雲区人民政府の友好交流代表団一行7名が山ノ内町を訪問しました。私は通訳として随行しました。1

 

 

 

 

 

 

密雲区と山ノ内町の友好交流は2000年から始まり、今年で17年となりました。2007年、山ノ内町で「友好交流覚書」の調印をしてから10周年を迎えました。当時調印の記念に植えたリンゴの木は、しっかりと根を張り、毎年秋になると見事なリンゴが300個ほど実るそうです。今年は10周年の記念として、「サルスベリ」を八本植えました。3

 

 

 

 

 

 

「サルスベリ」は漢字で「百日紅」と書きます。中国でもとても縁起のいい植物として知られています。代表団の団長李光輝副区長は、「百日紅」があり、「千日紅」もありますが、両区町の友好交流は百日、千日だけではなく、きっと世世代代ずっと続くでしょう、とおっしゃりました。2

 

IMG_3451

 

それ以外に、地獄谷野猿公苑と湯田中渋温泉郷を視察しました。残念ながらお猿さんは一匹も温泉に入っていませんでした。IMG_3386

 

 

 

 

 

山ノ内町庁舎と上下水道や都市計画、ゴミ処理などに関する町の取り組みについて紹介していただきました。IMG_3437

 

 

 

 

 

今回の視察はとても有意義なものであり、今後密雲区の行政が取り組む事業にとってきっと参考になると代表団の皆さんがおっしゃりました。

IMG_3428

 

 

 

 

 

 

山ノ内町の皆さん、温かいおもてなしをありがとうございました。IMG_3426

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE