国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の2人(出身国:英国・中国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > その他 > イギリスオリンピック委員会が来ました (クリス)

イギリスオリンピック委員会が来ました (クリス)

平成27年10月10日にイギリスオリンピック委員会現地視察に同行しました。

長野県のスポーツ課と国際課の英語通訳者の嘉部さんと一緒にイギリスオリンピック委員会(BOA)の白馬村視察に同行しました。
午後の1時、長野駅に迎えに行き、ホテルに寄り、白馬スノーハープの施設を見学しました。2018年に行う冬季オリンピックに向け、イギリスのオリンピック選手は日本で練習したいそうです。

白馬スノーハープ

白馬スノーハープ



2018年オリンピックは韓国で行いますが、時刻や気候になれるため、オリンピックが始まる前に選手は日本に来て練習する予定だそうです。1月に来日、数日間日本で過ごした後、競技の直前に韓国に向かいます。1998年に冬季オリンピックを開催したオリンピックの本場“長野”に、選手の競技練習の施設を探しに来たそうです。

施設を見学した後、白馬村のホテルも見に行きました。「ホテル・ヴァイサーホフ八平」のご主人は、白馬にホテルが700軒あると言っていました。すごい多くの軒数だと思いました。白馬や長野市等の様々なホテルを使うかもしれないので、皆さんもオリンピック選手に会うことが出来るかもしれないですね。

オリンピック委員会の白馬村の印象はとてもよさそうでした。是非イギリスのオリンピックチームに2018年に長野に来て欲しいなと思います。私は長野県が大好きですので、是非来てもらいたいです!

 

白馬三山

白馬三山

LINEで送る

このブログのトップへ