信州ミュージアムナビ

美術館・博物館へ行こう!長野県は人口当たりの博物館数が日本一。そんな信州の美術館、博物館、文化ホール等で行われる催事イベント情報をお知らせします。

絵の中に『角瓶』!?

こんにちは、信濃美術館です。

6月6日(日)から始まった「信州ゆかりの天才アーティスト−長野県信濃美術館名品展−」では、収蔵作品2900点から選りすぐりの名品、約100点が展示されています。

その中の一点、石井柏亭の《画室小集》(1949年)は、画家達が集うサロン的な情景を描いた作品ですが、画面には明らかにサントリー角瓶とわかるボトルが描かれています。戦後の復興期の昭和24年、角瓶は庶民のあこがれの存在でした。柏亭はそれを画中に描くことで何を表現したかったのでしょうか。ハイソサエティな雰囲気・・・くつろいだ時間・・・メンバーの親密度・・・、さまざまに想像が膨らみます。

石井柏亭《画室小集》1949年

今回は、サントリービア&スピリッツ株式会社様のご協力をいただき、作品の描かれた当時のデザインの角瓶や、それぞれの時代を髣髴とさせるボトルの変遷などのパネルをロビーに特別展示しています。

期間中当館カフェでは、『角ハイボール』と『信州おつまみプレート』をオンメニュー。天気のよい日には、中庭で爽やかな風を感じながら、ハイボール片手に作品の余韻に浸ることができます。(もちろんアルコールのご提供は20歳以上の方のみですが)

贅沢な休日を味わいに、美術館へ足を運んでみてはいかがでしょう。

【お問合せ先】
長野県信濃美術館
〒380-0801 長野市箱清水1-4-4
電話)026-232-0052/FAX)026-232-0050
e-mail)npsam@coral.ocn.ne.jp
 URL)http://www.npsam.com

このブログのトップへ