信州ミュージアムナビ

美術館・博物館へ行こう!長野県は人口当たりの博物館数が日本一。そんな信州の美術館、博物館、文化ホール等で行われる催事イベント情報をお知らせします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州ミュージアムナビ > 信濃美術館 > 「美術館でおしゃべりしよっ!2011」ギャラリートーク開催!

「美術館でおしゃべりしよっ!2011」ギャラリートーク開催!

こんにちは、信濃美術館です。

冷え込みのちょっぴり緩んだ1月7日(土)午後1時30分から、「美術館でおしゃべりしよっ!2011 −絵をみて話そう みんなで話そう−」のギャラリートークが行われました。

「美術館でおしゃべりしよっ!」は、そのタイトル通り、自由な発想でおしゃべりを交わしながら作品を鑑賞する、対話型鑑賞の展覧会です。作家や作品名が書かれたキャプションは紙で隠されていますから、予備知識なしで、まずはじっくりと作品を眺めます。今日のテーマに選ばれたのは、赤いエプロンをした女性とこどもを描いた大きな日本画です。

参加されたみなさんからは「人物を描いた人と、背景を描いた人が違うんじゃない?」「なかよしのお母さんと娘が、お父さんの帰りを待ってる感じ」「なんで二人ともはだしなの?」など、次々と言葉が飛び出してきます。同じ絵をみているのに気がつくポイントがこんなにも違うなんて驚きです。

ひとしきり盛り上がったところで、ナビゲーターの学芸員からタイトルと作家が紹介されると「あぁ、だからちょっと不思議な雰囲気だったんだ。」との声が。(これ以上は種明かしになってしまいますので、是非会場でご覧ください。)

言われてみれば「なるほど・・・」と思うことがいっぱい!一人で見ていたのでは味わえない楽しさが溢れる展覧会です。みなさんも、信濃美術館でおしゃべりしよっ!!

     

ギャラリートークの様子       お気に入りの作品を見つけて

                                カードに書いてみよう
   

●長野県信濃美術館
コレクション展
「新春特別企画 屏風の彩り」(第1展示室)
「美術館でおしゃべりしよっ!2011 −絵をみて話そう みんなで話そう−」(第2展示室)
期間:開催中〜1月10日(火)

ミニ企画展
「版画の世界 オノサト・トシノブ、靉嘔(あいおう)、池田満寿夫」(小展示室)
期間:開催中〜1月10日(火)、1月14日(土)〜17日(火)、21日(土)〜29日(日)

●東山魁夷館
常設展5「中国を行く」
期間:開催中〜1月31日(火)

【お問合せ先】
長野県信濃美術館
〒380-0801 長野市箱清水1-4-4電話)026-232-0052/FAX)026-232-0050
e-mail)npsam@coral.ocn.ne.jp / URL)http://www.npsam.com

このブログのトップへ