「一人多役」ってなんだ?

「仕事をしながら自分の趣味を活かした活動をしたい」「夏は農業、冬はスキーのインストラクターをしてみたい」仕事と地域活動や好きなこと・やりたいことを組み合わせた「一人多役」型ライフスタイルを応援するブログです

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「一人多役」ってなんだ? > 一人多役ってなんだ? > 「一人多役」を応援している企業の取り組みをご紹介! vol.1

「一人多役」を応援している企業の取り組みをご紹介! vol.1

今回は「一人多役」型ライフスタイルを応援している企業の取組例をご紹介していきたいと思います。

今回は、有限会社宗明会の取組事例をご紹介します。

宗明会は、安曇野市堀金を中心に在宅介護サービスを展開している企業です。

宗明会では、「一芸支援プロジェクト」という取組みを実施されています。

このプロジェクトは、従業員が自分の持っている“一芸”で身を立てたいと希望した際に、一定の条件(約束事)を満たすことを前提に、宗明会での仕事と自分のやりたいことが両立できるように労働条件をオーダーメイドできるというものです。

 

どのような経緯でこのようなプロジェクトを思いついたのか、代表取締役である山田聡さんにインタビューをしてきました。

有限会社宗明会 代表取締役 山田聡さん

 

-「一芸支援プロジェクト」を始めようと思ったきっかけについて教えてください

宗明会以外でも仕事をしてみたいという相談が従業員から幾度かあったのですが、個別で許可をしてしまうと「なんであの人だけ?」っていう不満がでてしまうと思いました。なので、思い切って制度化してしまえばいいと思ったんです。

 

 

-プロジェクトを始めた時の従業員さんの反応はどうでしたか

私もやってみていいんですか?という相談が従業員からありました。

 

-実際に「一芸支援プロジェクト」を実践された方はいましたか

NPO法人で活動を行いながら、当社で勤務していた従業員がいました。NPOの活動に専念するため退職していますが、今は「営業コンサルティング」として当社に力を貸してくれています。

 

-「一人多役型」のライフスタイルについてどのような印象がありますか

いいライフスタイルだと思います。

私は仕事も趣味も、自分のやりたいことができるのが大切だと考えています。以前から「趣味と仕事の垣根って何だろう?」という疑問がありまして。仕事の中には趣味の延長で仕事になるというものもあるのに、「趣味ならいいけど、仕事はダメ」っておかしな話だなぁと思うんです。なので、多様な働き方はもっと認められていいと思います。

 

-そのようなお考えが、「一芸支援プロジェクト」にも繋がっているのですね。

1 2

このブログのトップへ