信州ミュージアムナビ

美術館・博物館へ行こう!長野県は人口当たりの博物館数が日本一。そんな信州の美術館、博物館、文化ホール等で行われる催事イベント情報をお知らせします。

音のかけらをつくろう!

こんにちは、信濃美術館です。

10月27日(木)から開催している「五感でアートPart2」、早いものでもう1ヶ月が経ちました。出品作家の方々を講師に迎え、視覚、味覚、聴覚・・・と、毎回ユニークな作品作りをしてきましたが、11月26日(土)、最後のイベントとなる「音のかけらをつくろう」が開催されました。

今回の講師は、聴覚に関わる作品をいくつか出品していただいている、作家の金沢健一さん。作品の1つ、《音のかけら9》(2001年、作家蔵)は、大きな丸い鉄板が、大小様々な形に熔断されており、マレット(木琴など、打楽器を叩くバチのこと)で叩くと、きれいな音が出ます。実際に叩いてみると、かけらの大きさや形、マレットの叩き方によって音色は様々。今回のワークショップは、この「音のかけら」を作って、自分だけの音を奏でよう!という企画です。

丸い鉄板を6つのかけらに分割するのですが、どんな大きさ、形に分けるかは自由。鉄板に下書きをし、熔断、型取り・・・と、半日かけての制作です。金沢さんは、「ワークショップというと、短時間で終わるものが多いが、今回はしっかりとやりたい。ただ聞いたことをやるのではなく、一歩踏み出して積極的にやってほしい。そうでないと、ワークショップは面白くないでしょう?」と仰っていました。鉄板を切ったり、音を想像してみたり、普段経験することのない作業が多く、参加者のみなさんも、時間を忘れて夢中で楽しんでいました。

世界に一つだけの「音のかけら」が完成したら、みんなで音のコミュニケーション。会場中にきれいな音のかけらが響き渡りました。

「五感でアートPart2」は、12月18日(日)まで開催し、毎週土曜日には当館学芸員によるギャラリーツアー(下記参照)を行います。ぜひ、最先端の現代アートを満喫しにいらしてください!

      

「五感でアートPart2」  開催中〜12月18日(日)
観覧料=大人800円、大学生600円、高校生以下無料
休館日=毎週水曜日

ギャラリー・ツアー  12月3日(土)、10日(土)、17日(土)、13時30分〜
申込=不要 ロビーにお集まり下さい
費用=無料 ただし観覧料は必要

【お問合せ先】
長野県信濃美術館
〒380-0801 長野市箱清水1-4-4電話)026-232-0052/FAX)026-232-0050
e-mail)npsam@coral.ocn.ne.jp / URL)http://www.npsam.com

このブログのトップへ