「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

佐久鯉料理の粋「丹右衛門御膳」

 環境課のmシータθです。

 ついに念願がかない佐久鯉の本場佐久市桜井の「丹右衛門」(たんにもん)」の鯉づくしを食べに行ってきました!食べきれないコース料理で次から次と美味しい鯉料理が登場し、もう食べきれない分はお土産にパックに詰めておにぎり付きで頂戴しました。
まずは、「鯉のから揚げあんかけ」で始まり、「うま煮」も全く臭みがありません。
本場「鯉の洗い」もうす桃色でほんとに優しい柔らかさです。
思わず写真撮影も忘れて箸が動き回って食べかけですがパチリ1枚みてください。



鯉の洗い

 鯉は昔から滋養あるものとして珍重されてきました。ここ「丹右衛門」(たんにもん)さんは、鯉の本場として有名だった桜井地区が料理を出す店がないとの子供の声に動かされて、古民家の御座敷を料亭のごとくに活かして、ご近所の4軒で鯉料理を提供するお店を始めたのだそうです。鯉は昔から、ことに妊婦さんの母乳のたすけになると食べてもらったようです。
「鯉こく」はとろとろの汁にしっかりした大きな輪切りの身が入った臭みや油こさがないさっぱりしたしかも深みのある絶品です。



鯉こく

 諏訪湖の鯉料理もおいしいですが、佐久鯉は川魚の次元を越えた清らかさです。桜井地区はじめ千曲川の伏流水の清流で何年もかけて鯉の臭みをきれいに流し清めて、まるで松阪で牛をブランド化するようにみごとな佐久鯉を仕上げていることが実感できました。
仕上げのご飯にお茶と新作の「鯉の新巻」を頂きました。新巻は鮭よりもやさしい塩味で深みのある味わいです。さすがは塩味文化の伝統のある佐久の逸品でした。



鯉の新巻

 佐久の元気のもとの一つがこの佐久鯉にあると確信しました。千曲川上流の豊かで清らかな清流が鯉を磨きあげます。普通の鯉も諏訪の鯉も、千曲の水で清められて清らかな鯉にに生まれ変わり、「佐久鯉」に昇華します。厳しい寒さを乗り切るために、深みのある鯉料理で温まり、春には鯉のぼりのごとく龍に変身して大活躍しそうな元気の素こそ、佐久の鯉料理です。脂の乗り切った滋養豊かな鯉を、冬場の健康づくりに活かすべく、みなさん「佐久のおいしい鯉文化」をぜひ試しに来てくださいね。

このブログのトップへ