「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

浅科小学校の収穫祭に参加してきました!

 こんにちは!

 農地整備課のKS37です

 本日皆様にお伝えするのは、浅科小学校の「収穫祭(会食会)」の模様です!

 浅科小学校では、毎年授業の一環として、地域で栽培されている「五郎兵衛米」について勉強をしています。

 4年生は、五郎兵衛用水の水源をたどる旅を、そして、5年生は、学校の隣にある水田をお借りして、1年間、実際に五郎兵衛米を育てるという実地教育を行っているのです。

(水源をたどる旅の模様はこちら)

 5年生は3クラスが、それぞれの農法(一般的な農法や、アイガモ農法)で育てたお米を無事収穫したとのこと。

   CIMG2880 (クラスごとに袋詰め。販売もされているようです)

 昨年、当時4年生だった児童の皆さんを水源に案内したのですが、その縁で?今年初めて、収穫祭への招待状を頂いたのです!(児童の手書きデス!)

  お招きを頂いたのは農作業、アイガモ農法の指導を担って下さった近隣農家の方々2名、五郎兵衛用水土地改良区、そして我々県の農地整備課です。

 

 当日は、駐車場への案内、玄関から会場への案内役も児童が務めます。

 緊張しつつ会場へ入ると、児童の皆さんとその保護者の方々の拍手。およそ100名を超える大所帯でした

   CIMG2879

 こんな大人数相手に挨拶をするのかと、1人で来たことを軽~く後悔しつつ席に着きます。

 会食では、児童が栽培したもち米から作られたお餅と、保護者の方々が作って下さったトン汁が振舞われました。

 五郎兵衛新田で栽培されるもち米は市場へほとんど出回らないため、とても貴重なのです

 杵と臼でつかれたお餅はご飯粒が若干残る独特の食感、みょーんと伸びる柔らか餅!とても美味い

 トン汁鍋に群がる子供たちの食欲に驚きつつも、自分も負けじとお腹いっぱいにお餅を頬張りました!

(お給仕も子供たちがやってくれます

    CIMG2883  

 

1 2

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

佐久地域振興局 総務管理課
TEL:0267-63-3131
FAX:0267-63-3105