長野県は日本一

長野県には、誇れる日本一がたくさんあります。 長野県は、「行ってみたい」 「見てみたい」「住んでみたい」「経験してみたい」魅力にあふれています。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県は日本一 > 農林水産物 > 日本一■巨峰(ぶどう)栽培面積

日本一■巨峰(ぶどう)栽培面積

更新しました。(2011.1.18)

巨峰


巨峰は、昭和25年に栽培が始まり、長野県のぶどう栽培面積の71%を占める基幹品種です。
平成20年の栽培面積は、長野県が1,733.0haで日本一です。
また、生産量は21,100tで、北信・長野地域が主産地となっています。

【全国トップ3(栽培面積)】
第1位 長野県 1,733.0ha
第2位 山梨県 1,270.6ha
第3位 福岡県  612.8ha

【根拠データ】
平成20年産特産果樹生産動態等調査(農林水産省)

お問い合わせ先:農政部 園芸畜産課

このブログのトップへ