ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

現地体験実習から帰ってきました!!

農業大学校のねこ座です。

農業大学校総合農学科1学年の授業の中で重要な位置を占めているのが45日間の現地体験実習です。

この現地体験実習は、県下の先進的農業者の皆さんのお宅で、泊まり込みで研修させて頂くもので、本年は、1学年34名が31名の農家の皆さんに8月26日から10月9日までの45日間ご指導を頂きました。

当初は、厳しい環境のなかで挫折してしまう学生も出るのではと心配しましたが、結果的には全員が無事研修を終えて帰ってきました。

10月27日に発表会を行いましたが、「気苦労や肉体的苦労はあったが学校では学べない多くのことを学ぶことが出来良い研修だった」といった意見が多くだされ、中には学校にいるときは持病治療のために病院に行っていたが、この研修中は体調が良く一日も病院には行かなかったという学生もいました。

DSCF1016 2014102705

受け入れて頂いた農家の皆さんの学生の評価も上々で、ほっとしているところです。

ただ、連続45日間では限られた内容の研修しかできないといった声もあり教育的効果を高めるにはどのような方法がベターかを検討して次年度以降の実施に反映させていく予定です。

このブログのトップへ