ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

平成25年度小さくてもキラリと光る取組み 6

 林務課です。

 平成25年度に行った「小さくてもキラリと光る取組み」事例を紹介しています。
 第6回目は、「米子苗畑山林の整備 ~少花粉スギの安定供給に向けた取組み~」です。



米子苗畑

1 背景
  米子苗畑は、積雪地帯における県営林用苗木の自給をはかるため昭和39年
 に創設されましたが、直営の苗木生産を終了してからは、県内の苗木生産者
 に提供するスギの種子生産が主な役割となっています。
  中でも、少花粉スギの実用化が求められていることから、平成16年には県
 内では唯一少花粉スギ4品種を植栽し、平成22年からはその種子も採取して
 おり、「少花粉スギ」の認証を受けた苗木の出荷に向け準備段階にありま
 す。
  しかし、苗畑の現状は、過去に植栽された様々な品種が混在し不要なもの
 も処分されずに放置されるなど、整備方針もあいまいな状況でした。
  そこで今年度、苗畑の今後の利用方針を整理し、それに沿った整備を実施
 しました。


2 取組み内容
 ① 種子採取木の整備
  苗畑の現状を把握するため、個体識別番号の付け替え、標柱・プラカード
 の更新、枯損木・クローン不明木の伐採を行うとともに、各個体の植栽位置
 を示した図面を改正し、GPSでも位置を確認できるようにしました。
 ② 枯損木・不要木の伐採・整理
  活用予定のない不要な立木、枯損木を伐採し、少花粉スギ苗木の成長や形
 質を調査する試験苗畑を整備しました。

1 2

このブログのトップへ