ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 スタッフによる顔の見えるブログ、地域の耳寄り情報を、是非お見逃しなく!(写真:信濃町野尻湖)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 スタッフによる顔の見えるブログ、地域の耳寄り情報を、是非お見逃しなく!(写真:信濃町野尻湖)

平成25年度小さくてもキラリと光る取組み 7

 林務課です。
 
 平成25年度に行った「小さくてもキラリと光る取組み」事例を紹介しています。
 第7回目は、「おがわ森の恵みプロジェクトについて」です。



地域住民による材の持込み状況

1 背景
  小川村の森林は45~55年生の森林が多く、柱材等として十分利用可能な森
 林となっていますが、木材価格の低迷等により利用が進まず、間伐材が林内
 に放置されている状況が見受けられました。
  そこで、林内に放置されている材を資源として利用するため、平成23年度
 から地域住民向けの研修等を進めてきました。
  平成25年度はこのレベルアップ研修を通じて実際に効率的な材の集材・搬
 出を目指しました。


2 取組み内容
  平成23年度は、NPO法人による搬出の試験的取組を行い、平成24年度は
 「小川村農林公社みらい」が主体となった研修を行いました。
  平成25年度も「小川村農林公社みらい」が主体となり、自伐林家及び村民
 を対象とした伐採、搬出研修を行うとともに、木材の受入れ先として村内に
 薪ステーションを設置し集材を行いました。 
  なお、研修に係る経費は「地域発 元気づくり支援金」、集材、搬出に係
 る経費の一部には「長野県森林づくり県民税」を活用しました。
  また、搬出された未利用材の活用を図るため、村役場のほか、村老人福祉
 センター小川荘等に3台の薪ストーブを導入しました。

1 2

このブログのトップへ