ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

暑い夏は祭りで盛り上がりましたの巻

 地域政策課のわっしょい時えんと申します。

 8月3日(土)に開催された第43回長野びんずる
 今年のスローガンは「未来」~熱きびんずるに未来をのせて~でした。将来の長野を担う子ども達に焦点をあてた内容も企画され、今後の長野びんするの発展、「活気溢れる長野」に繋げていくこととされました。

 職員として参加した「夜の部」については巨匠のペコちゃんface02に稿を譲るとして、「昼の部」について若干紹介させていただきます。

 まず、子どもびんずるが初めて実施され、約30連、約800人の小中学生が、「夜の部」の大人たちとは違った整然さで元気に踊っていました。




 はたらく車ショ―があり、パトカーやクレーン車にはたくさんのお子さん、保護者の方が集まりました。未来の警察官や国土整備・建築界のホープとなっていただけるでしょう。



 救急車や消防司令車にもたくさんのお子さん、保護者の方が集まりました。未来の消防官、救急隊員のホープとなっていただけるでしょう。



 大きなブルドーザーも同様でした。



 

 そのほかにもたくさんのはたらく車が展示され、たくさんのお子さんが集まり、ご担当の方も熱心に説明されたり、カメラのシャッターを押されたりしていましたが、紹介しきれず申し訳ございません。

 そして、東京ディズニーリゾート30周年記念のスペシャルパレードも行われました。観客は、お子さんだけでなく大人も大はしゃぎ。ディズニーの仲間の車の前後を地元のお子さんがマーチングやダンスで一層盛り上げてくれました。



 なんだかんだで「昼の部」もお子さんはもちろん、大人も盛り上がったと思います。
 でも、大人は、子や孫の代に期待するだけでなく、できるだけ良い形で引き継いでいく責任があると思います。

 前回の拙稿(7月26日付け)では「熱い夏」と綴り、必要以上のアツさを強調してみましたが、びんずる当日の長野市の最高気温は28度と平年を3度余り下回り、気温的には通常のアツさで今回は「暑い夏」と綴らせていただきました。イメージは大切ですが、漢字も正しく伝えていかないといけないですよね。 

 小生は「夜の部」で踊りましたが、小生の子どもは今回は踊りませんでした。が「(次回は)踊りたい」。このことは小さいことですが、関心を持ってくれる方が増え、びんずるの未来、活気溢れる長野、地域づくりが続いていきますように。

このブログのトップへ