ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

ご存じですか? NPO法人(その2)

地域政策課のmです。

長野管内で活動しているNPO法人のご紹介。
今回は、「NPO法人ホットラインながの」です。

事務所は三才駅前の「駅前会館」。

平成16年4月に、地元密着型のシルバー便利屋として設立。
“高齢者と障害者による高齢者と障害者のためのNPO”を旗印に、9年間着実に歩んできました。

活動の内容は、よろず生活相談・ゴミ出し、雪かき、庭木の手入れなどの生活支援が中心。最も多いのが 庭木の手入れとか。丁寧な仕事ぶりと、時間ではなく仕事単位で引き受ける良心的な料金設定で、地元を中心に頼りにされています。

また、平成23年3月12日、東日本大震災の翌日未明に発生した長野県北部地震で、甚大な被害を受けた栄村に出張所を設け(仮設住宅内)、被災された方々の支援に取り組んできました。お茶のみサロン、食事会、映画上映、体操、仮設菜園の設置…と、活動内容は多岐にわたりました。

仮設住宅から村営の震災復興住宅に移った住民たちから、「地震の時に家具などを捨ててしまって不便だ。」という声を聞いて、中古家具や食器の販売会も始めました。出張所を閉じた今でも、中古家具市は続いています。

さらに「すごい!」ところは、


20数名いるスタッフの9割以上が、高齢者と障害者で構成されています。高齢者と障害者がペアで、あるいは仕事によっては全員結集し、助けあいながら対応しています。

障害者の方々の就労支援には様々な整備が必要です。それをひとつひとつクリアしながらの運営です。
障害をお持ちの方々にとって、毎日働く職場があり仲間がいることは、心身の安定につながります。そして、仕事を依頼された方からいただく「ありがとう。」、「助かるよ。」の言葉は励みとなり、仕事を終えた後の充実感となります。
無理のないように考慮された一日6時間週30時間の勤務時間。生活のリズムを作るうえでも、安定した収入を得るうえでもとても貴重で大切なことです。考え抜かれたうえでの運営です。見事です。

そして、みんなの努力の甲斐あって経営も順調であるとのことです。

その存在は自立型NPO法人として、一目置かれています!

1 2 3

このブログのトップへ