ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

平成25年度「少年の主張長野県大会」が開催されました。

☆長野県知事賞を受賞した、小澤 美稀さん。
病と戦っている祖父の言葉の深さに対する、自分自身の気づきと目覚めを、渾身の力をこめて発表してくれました。
11月10日(日)に国立オリンピック記念青少年総合センター(東京)で行われる全国大会へ、長野県代表として推薦されます。
※全国大会は各都道府県代表として推薦された47名の中から、書類審査を通過した12名により行われます。

☆優秀賞を受賞した、長谷川 遼亮さん。
部活動で日々共に練習に励む先輩から掛けられた言葉への感動と、自分自身も仲間への思いやりを持って、互いに高め合う存在になりたいという思いを、爽やかに発表してくれました。

7名の皆さんも優良賞を受賞。
県内各地から集まった皆さん、お疲れ様でした。

大会当日は、大変暑い日となりました。
発表者、引率者、審査員、先生方、スタッフ、そしてずっと座って聴いていてくれた生徒さんたち、長時間にわたりお疲れ様でした。

犀陵中学校には打合せからお邪魔していたのですが、いつも生徒さんたちが気さくに挨拶してくれるのに驚き、感激しました。
当日は、片付けも手分けしてテキパキと行ってくれました。
ありがとうございました。

10名の中学生の発表を聴いて、未来を築く子どもたちの力強いエネルギーを感じました。
中学生は思った以上にたくましい。まちがいなく、しっかりとした人材が育ってきています。
この子たちが、それぞれの夢に向かって大きく成長していけるよう、私たち大人もより良い社会を創りたいものです。

今を生きる中学生の声、もっと大人に聴いてもらいたいと思います。
来年度は、より多くの方々が中学生の真摯な声に耳を傾けてくださいますように。

1 2 3 4

このブログのトップへ