来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 自然・景観・名所 > 地域の利水の実態を学ぶ「水巡りアクアツアー」が開催されました!(後編)

地域の利水の実態を学ぶ「水巡りアクアツアー」が開催されました!(後編)

P1110689

水巡りアクアツアーも後編に突入です(^o^)/!

前編では私たちの生活を守る奈良井ダムの役割や私たちが使う水道水が

どのように作られているのかを学んできましたが、後編では人々と水との深い関わり

良い水だからこそ作れるものについて見学しながら学びます

P1110671P1110664P1110668

まず私たちが向かったのは塩尻市宗賀にある「平出の泉」!エメラルドグリーンが美しい泉です

平出の泉は縄文時代から地域の生活を支える湧水として知られ、近づいて泉を見ると

抜群の透明度に驚いてしまいました(゜゜)!! これは、水の湧き出る量が多いため、約1週間で

全ての水が入れ替わってしまうからだそうです。

さすが塩尻市唯一の「信州の名水・秘水」(注1)に選ばれているだけあります

それにしても縄文時代ということは、いまから3000年以上も前の時代ですよね

いまも昔も水は大切だったはず。水があったからこそ、動植物が多く農耕もでき栄えるようになったのだと

思います。近くにはこの水を利用した縄文から平安時代の大集落跡の平出古墳や博物館があります

P1110690P1110677P1110674

水巡りアクアツアーもいよいよ終盤 時間が流れるのは本当にあっという間ですね(‘o’)汗

私たちは今年で開宿400年となる塩尻宿に行き、そしてその塩尻宿のすぐそばにある笑亀酒造場を視察しました!

笑亀酒造場は塩尻宿の棟屋跡に造られ明治16年(1883年)に開業しました。素材にとことんこだわり、地元産のお米と

硬水の名水である強清水」を使用して醸造しています。さぞかし美味しいお酒なんだろうなぁ(*^ω^*)♪

建物もかなり古く趣のあるもので、主屋など3軒が国の登録有形文化財になっています

P1110680P1110681P1110685

建物の中は笑亀酒造場の丸山社長から説明を受けました!まさに時代を感じさせる雰囲気です

日本酒の香りに包まれながら参加者の皆さんは質問などしながら聞いていました。

1 2 3

このブログのトップへ