来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

ロケ地巡り「おひさま」

2011年に放送されたNHKの連続テレビ小説「おひさま」。
安曇野市・松本市を舞台に、戦中から戦後にかけての時代を描いたドラマです。
そのドラマの中で登場する高校として、「旧制松本高等学校」が使われました。



この旧制松本高等学校は今の信州大学の前身で、平成19年に国の重要文化財に指定されている大正時代の建物です。


この大正期の木造洋風建築物は、おひさまの他、神様のカルテ2の将棋部としても使われましたが、この建物のある「あがたの森公園」はこれまでも多くの映画やドラマに使われているそうです。


このヒマラヤ杉の並木道も風情がありますね。

大正という時代と、映画の中の風景を満喫するため、足を運んでみてはいかがでしょうか?

このブログのトップへ