来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 自然・景観・名所 > 「寿さと山くらぶ 春の里山散策に参加しました」

「寿さと山くらぶ 春の里山散策に参加しました」

 5月18日 松本市寿(ことぶき)区の所有する寿財産区有林において、一般の方17人が参加し、春の里山を散策しながら、山菜を採ったり、歴史ある治山工事を学習したりと、有意義な1日を送りました。

 案内役の「寿さと山くらぶ」の事務局長鈴木喜一郎さんや会員のみなさんは、広い知識と地元の山への深い愛情で、本当に楽しめるカリキュラムを提供しています。

 松本平が一望できる「石切場(明治時代に治山工事の材料を切り出した平場)」で、うど汁をいただきながら、松本周辺の美しい山々をゆっくりと眺めました。

 コゴミ、ワラビ、タラの芽、二輪草などを少し山からいただき、美味しいおみやげとなりました。
 参加者の中には、終了後に入会する人が出るなど、高い評価を得ていました。

 良い天気の中、1日里山を歩くと、心と体が元気になってきます。みなさんもぜひ、こうしたイベントに参加されてはいかがでしょうか。


古い石積の堰堤を説明しています。

松本平が一望できる石切場跡で昼食です。こうした場所でのお昼はまた格別。

アルプスと松本平の風景は素晴らしいですね。

このブログのトップへ