来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > その他 > 森の香り 「森林」&「福祉施設」連携事例のご紹介      ~ 塩尻市でヒノキの「森の恵みアロマキャンドル」が開発されました ~

森の香り 「森林」&「福祉施設」連携事例のご紹介      ~ 塩尻市でヒノキの「森の恵みアロマキャンドル」が開発されました ~

塩尻市担当AGのNです。

私は、森を歩くとき、木漏れ日や、森の音も素敵ですが、特に「香り」を楽しみながら散策します。

皆さんの頭に浮かぶ森の香りはなんでしょうか?

有名なところだと、やはりヒノキでしょうか。葉っぱを少しいただき、その葉の香りを楽しみながら森を歩けば、それだけで嫌なことも忘れ、癒されます。

ヒノキの葉っぱ。指で揉むと香りが広がりますね。

 

今回、塩尻市において、ヒノキの香りを楽しめる「森の恵みアロマキャンドル」が福祉団体のご協力のもと開発されましたので御紹介します。

新たに開発された森の恵みアロマキャンドル(ヒノキの台座付き)

 

夜に火を灯すと幻想的な空間を演出し、香りが楽しめます。

 

この「森の恵みアロマキャンドル」は、塩尻市森林公社が木材の有効活用ができないかな?と長野県林業総合センターに相談し、塩尻市の福祉事業所「ちゅーりっぷ」とともに、アロマオイルの抽出方法を教わったこと(※)がきっかけになり、塩尻市にゆかりのあるアロマキャンドル作家の方と連携して商品開発したものです。

 

※長野県林業総合センターのアロマオイル精油装置について

https://www.pref.nagano.lg.jp/ringyosogo/joho/minigijutsu/documents/mini51.pdf

https://www.pref.nagano.lg.jp/ringyosogo/joho/minigijutsu/documents/mini52.pdf

 

令和3年12月2日には、塩尻市のふるさと納税の返礼品(※)へも採用されました

※塩尻市のふるさと納税返礼品について(信州しおじり ふるさと寄付金)

https://www.city.shiojiri.lg.jp/soshiki/8/2189.html

 

この商品開発について、関係者のみなさんからコメントをいただきましたので、その一部を御紹介します。

1 2

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

松本地域振興局 総務管理課
TEL:0263-40-1955
FAX:0263-47-7821