来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > その他 > 松本シネマ認定映画「サヨナラまでの30分」

松本シネマ認定映画「サヨナラまでの30分」

企画振興課Kです。

松本市を中心にオール信州ロケの映画「サヨナラまでの30分」を観てきました。
新田真剣佑さんと北村匠海さんがダブル主演で、バンドものとくれば
青春、友情、恋愛・・・がテーマの若者向け?
年齢的に厳しいかな・・・と思いつつも、映画のほとんどが松本地域で撮影されたと聞いては、観に行かないわけにいきません。

繩手通り、上土劇場、松本大学、アルプス公園でのりんご音楽祭
何度も出てくる廃プールは、塩尻市の小坂田公園のプール
安曇野市では、三郷文化公園、碌山美術館で撮影が行われました。

内容はネタバレになるといけないので、差し控えますが
映画の中にも出てくる、懐かしい「カセットテープ」と
佐野洋子さんの絵本「100万回生きたねこ」
この2つが、モチーフとなっていると思われます。

主役2人の素晴らしい歌唱力、演技力が、ラストシーンを一層盛り上げ、後半は涙が止まりませんでした。

年代に関係なく、満足できる映画です。
松本地域在住の方だけでなく、多くの方に観ていただきたいと思います。

このブログのトップへ