来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

安曇野でシェアサイクル体験!

こんにちは。商工観光課のKです。

先日、安曇野市でシェアサイクルの試走会を実施しました。

今回の試走会は松本地域のサイクルツーリズム推進の検討を行う「松本地域自転車活用推進検討会」において、シェアサイクルの体験を通して観光活用について考察することを目的に開催しました。シェアサイクル事業は安曇野市が昨年からスタートし、市内の至るところに設置場所(ポート)があります。

まず、事前にスマートフォンにダウンロードしておいたアプリ(決済方法の登録が必要)からレンタルしたい場所の自転車を予約します。予約完了すると表示される暗証番号を、自転車についているディスプレイに入力するとレンタルが可能になります。思っていたより簡単です。

この一連の流れを参加メンバーで確認し、出発!!

今回のコースは穂高駅→穂高神社→大王わさび農場→あづみ野やまびこ自転車道→穂高駅の全行程約10km、2時間程度のゆったりと安曇野市を巡るコースです。

各観光ポイントで停まってガイドの説明を聞いたり景色を眺めたり。

マニアックな観光ポイントも自転車なら駐車場の心配をせずに巡ることができます。

当日は、冬の到来を感じさせるとても寒い日でしたが、風を切って走る気持ちよさは自転車ならでは!今まで自転車は単なる移動手段としか捉えていませんでしたが、それを超える「自転車に乗ること」自体の楽しさがあるのだと気づかされました。もちろん移動手段としても電動アシストのため非常に便利です!

今度はもっと暖かい季節にもう少し練習してから(今回久々過ぎる自転車に少々負傷しました)安曇野の美しい景色を自転車で楽しみたいなと思いました。

ちなみに、松本市も同じシステムでシェアサイクルを導入しているため、相互乗り入れが可能です。みなさんも、ぜひ利用してみてください。

このブログのトップへ