来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 林務課 > 「建築士会安曇野支部が全国で最優秀賞を受賞しました!!」

「建築士会安曇野支部が全国で最優秀賞を受賞しました!!」

こんにちは!

松本地域振興局林務課 安曇野市担当AGです。

山の上が白くなってきているのを見るといよいよ冬だなぁと実感しますね。

個人的には、こたつに入りながらみかんを食べる季節=冬は好きな季節です。

さて、今回は、嬉しい報告です!

なんと、長野県建築士会安曇野支部青年女性委員会が第61回建築士会全国大会「地域実戦活動報告」で最優秀賞に選ばれました!(^^)!

詳しくは

リンク先:「SHINKEN PRESS DIGITAL」

安曇野支部が全国で最優秀賞 第61回建築士会全国大会「地域実践活動」

リンク先:「市民タイムスWeb」(関東代表に選ばれた時の記事)

https://www.shimintimes.co.jp/news/2018/10/post-2268.php

長野県建築士会安曇野支部は、安曇野市の里山再生計画の「安曇野材利用促進プロジェクト」のメンバーとして活動していただいており、「松枯れ材を活用した積木ワークショップ」を通じて、里山における課題や、松枯れ材の活用の可能性を地域の皆さんへ伝えていただいています。

様々な学校やイベントでワークショップを開催し、地域で楽しく学べる場として認識されています。

実は、この松枯れを活用した積木の一部は長野県森林づくり県民税を活用して製作されました。

今後も継続した活動になることを期待しています。

第3回あづみの里山市でのワークショップの様子

このブログのトップへ