来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

塩嶺王城を視察

7月19日(木)塩嶺王城県立公園を視察しました。

塩嶺王城は、塩尻市と岡谷市、辰野町にまたがる標高1000m級の高原一帯の区域(面積1340ha)で、
昭和39年6月に県立自然公園に指定されています。

この日は、塩尻商工会議所や北小野地区住民、塩尻市及び岡谷市の観光課職員にご案内いただきまし
た。

まずは、勝弦山へ。
勝弦山の頂上に、岡谷航空監視哨跡があります。この地は、昭和14年から太平洋戦争終了までの間、
国土防衛の第一線として敵機の来襲に備えた場所です。
地元の方からは「子供の頃、遠足などでこの場所を訪れたとき、北アルプスや諏訪湖などを見ることが
できた。今は樹木が生い茂り、よく見えなくなってしまった。当時のように見晴らしが良くなれば地域の観光資源になる。」といったお話がありました。

岡谷航空監視哨跡

続いて、塩嶺王城パークライン展望広場へ。
駐車場からは八ケ岳と諏訪湖が一望でき、展望広場からは北・中央アルプスなどを見ることができま
す。

パークライン展望広場(諏訪湖側)

パークライン展望広場(北アルプス側)

次は、三郡の辻です。

この場所は、古くから筑摩郡と諏訪郡、伊那郡の境界でした。三郡それぞれに
富士浅間の祠が祭られています。

三郡の辻

続いて、しだれ栗森林公園です。

1 2

このブログのトップへ