来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

農業と水神祭

今朝、合同庁舎まで歩いている途中、ふと道の隣の田んぼをみると

水路から田んぼに水がかかっており、その中でカラス水浴びをしているところを見ることができました。

3

田んぼに水がかかることは、ややもすると当然のことのように思われがちですが、

そこには農業に従事される方々の様々な思いが込められているように感じます。

水路の通水前に行われる「水神祭」もその一つでしょう。

大昔の私たちの先祖は、自然界のあらゆるものに霊を認めた精霊崇拝のなかで暮らしていました。

やがて水の霊は畏怖され神化して「水神」となりました。今日でも、「水神」と刻んだ石碑を見かけることができます。

松本地方事務所管内においても、

この4月に、今年1年の豊作を祈願し各土地改良区で「水神祭」が行なわれました。

厳かな儀式の中で、先人から引き継がれている「命の水」への感謝の思いが伝わってきました。

無題  suijin02

新田堰水神祭                                                          波田堰水神祭

本年も大きな災害がおこることなく、農地に水が潤され

実りの秋を迎えることを願います

 

このブログのトップへ