来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

山形村の道祖神~その2

今回ご紹介する「山形村の道祖神」は、山形村内に比較的多くある小坂地区の道祖神のご紹介をします。

小坂地区には、約10体ほどの道祖神があり、村内の約半数近くの道祖神があります。道路の辻には、ところどころ見受けられます。

D     D

こちらの道祖神は、『まぼろしの双像』と言われる道祖神ですが、造立年が古いためか、風化して消えてしまっており、像もはっきりとは見えません。

が、よくよく近くでみますと、男女の向かい合っている姿が浮き上がっており、すらっとした姿からでしょうか、夢のようなまぼろしのような風情が感じられるところから、このような名前がつけられたのではないでしょうか。

また、道祖神の下に“穴”があいていますが、子どもたちが遊んであけたもののようです。昔は、子ども達の遊び場だったんでしょうね。

D   D

こちらの道祖神は、『すあしの道祖神』と言われ、寛政7年12月8日の記年銘がはっきりとあります。

名前のとおり、男女とも“素足”なのがおわかりでしょうか。仲むつましい姿で微笑んでいるようにも見えました。

 

山形村の道祖神に興味をもたれたら、こちらをご覧になり、足を運んでみてはいかがでしょうか。

今が旬の“春掘りながいも”もおいしいですよ。

このブログのトップへ