来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

松本弁当 城下町のおごっつぉ

松本に新しい駅弁が誕生しました。商品名は「松本弁当 城下町のおごっつぉ」(「おごっつぉ」とは「ごちそう」という意味の松本地方の方言です)。
 平成25年11月15日、この商品開発を進めてきた松本大学総合経営学部観光ホスピタリティ学科の学生さんたちと、JA松本ハイランド、松本市、株式会社ステーションビルMIDORI、(株)イイダヤ軒、(有)折協市場店の皆さんが、駅弁の発表会を松本駅で開催しました。


 この新しい駅弁は、松本を訪れる観光客の皆さんに満足していただける、松本のおいしい農畜産物をふんだんに使用した駅弁を開発するというコンセプトで、平成25年度地域発元気づくり支援金を活用して、この春から開発を進めてきた商品です。

 この駅弁の料理は、山賊焼、おやき、松本一本ねぎの肉巻きなど、松本らしい料理をふんだんに詰め合わせ、その材料もほとんどが松本産の農畜産物です。

 発表会では、商品に込めた思いや開発経過など、松本大学の学生さんから説明がありました。

 この駅弁は、限定商品として11月16日~12月27日に松本駅構内で2,000食限定で販売されます。(販売する際には、昔懐かしい駅弁販売のスタイルでも販売するそうです。)

当日は、皆さんご存知のアルクマ(長野県観光PRキャラクター)とアルプちゃん(松本市マスコットキャラクター)も応援に駆けつけてくれました。

このブログのトップへ