来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 食と農産物・名産品 > ついにゲット。「信州アルクマそば」 食べた!

ついにゲット。「信州アルクマそば」 食べた!

11月13日に発売された「信州アルクマそば」をゲット。食べてみました。
もったいないの心から生まれた新商品。
1袋210円(税込)です。ちょっと、高いかな。

このそばが、松本地域の皆さんの努力、発案で生まれたことを知っていましたか?
松本大学、(有)あづみ野食品など、産官学の連携で出来たものです。

玄そばを製粉する際に取り除かれていた甘皮部分に着目、精製、焙煎したものです。
これにより、旨みや香りの強いそば粉になったとのことです。
パッケージに「アルクマ」が採用されたためか、人気沸騰
一時、品切れ状態でした。
さすがは、アルクマ人気 
今では、購入できるそうです。


さて、食べてみることに。料理(?)開始です。
インスタント麺になっているので、超簡単。らーめんの要領だ。
まずは、袋から取り出します。

お鍋に450ccの水を沸騰させて、めんを入れてほぐしながら3分間ゆでます。

ゆであがりに、同封の「めんつゆ」を入れれば出来上がり。

器に移してネギや七味で食べました。
めんに強い味があって、美味しかった。なかなかいけます。

1 2

このブログのトップへ