来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > イベント > 夏休みおもしろ技術と子どものふれあい教室を開催しました

夏休みおもしろ技術と子どものふれあい教室を開催しました

 商工観光課のSface01です。
 
 商工観光課では、ものづくり人材育成の一環として、地域の子ども達に、ものづくりへの関心を高めてもらうため、例年「夏休みおもしろ技術と子どものふれあい教室」を開催しています。


今年は、7月30日(火)に安曇野市の株式会社アズミ村田製作所様のご協力で行われ、8回目の開催となります。参加対象者は、小学校4年生から6年生の子どもたち。毎年人気が高く、今年も午前と午後に分かれて実施されました。今回は、抽選で選ばれた計107名(保護者含む)が参加しました。

この教室では、次の3つを行いました。

①株式会社アズミ村田製作所の会社説明
②工場見学
③ロボット「ブルブル星人」の製作

①株式会社アズミ村田製作所の会社説明
 開催にご協力頂いた株式会社アズミ村田製作所では、電子部品(BLM、LQM)を製造しています。BLMやLQMと言われても、よくわかりませんよね。でも、実は皆さんがいつも持っているアレにも使われているのです。そう!携帯電話です。

BLM・・・電気的ノイズを除去し、必要な信号のみを取り出す電子部品。テレビや
      ゲーム機、オーディオなど多くの電気製品に使われています。
LQM・・・省電力のために、電圧を変換して供給する電子部品です。

ちなみに株式会社村田製作所は、BLMの世界シェア35%を誇っており、こちらの工場で製造されたBLMが世界に発送されています。

②工場見学
 次に、製造工程を見学しました。全自動で動く機械やダイナミックな動きをする機械など、子どもたちは興味津々の様子で見学しました。(工場内の撮影はできませんので、通路の写真となっています。頭には専用のヘアキャップをかぶります。)

③ロボット「ブルブル星人」の製作
 いよいよ、工作教室の始まりです。写真の組立キットを使い、ダイオードやトランジスタを基板に、はんだ付けします。

1 2 3

このブログのトップへ