来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

「くまモン」が松本城にきた~っ

 熊本県から松本城へ「くまモン」がやってきました。


 熊本城主・加藤清正公が江戸からの帰りに松本城へ立寄った際、松本城城主・石川康長が清正公へ馬を差し上げた時に馬をつないだ木が写真の「清正公駒つなぎの桜」と言われており、その縁で、松本城へ撮影を行いにやってきました。

当日は、報道関係者や「くまモン」を一目見ようと多くの方が集まっていました。

撮影の終盤には、長野県観光PRキャラクター「アルクマ」も登場し、「くまモン」に負けない人だかりを作っていました。

 「くまモン」は撮影後、「アルプちゃん」、「さんぞくん」、「アルクマ」とふれあい時間を作り、多くの方々と楽しい時間を過ごしていました。

このブログのトップへ