来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 商・工・農・林 > しあわせ信州シェアスペース「銀座NAGANO」に行ってきました

しあわせ信州シェアスペース「銀座NAGANO」に行ってきました

農地整備課のT,Sです。

 先日、私用で東京へ行った際に、銀座にある、しあわせ信州シェアスペース「銀座NAGANO」へ寄ってきました。

長野県民が東京まで行って、今さら長野県のアンテナショップを見てくるというのも何だかな~とも思いましたが、長野県の魅力を一番理解していないのは長野県民だとの誰かの言葉を思い出して、覗いて見ることにしました。

画像-1

画像-2

場所は銀座の一等地で、大通りから「すずらん通り」を入ってすぐの場所にありますけれど、周囲には沢山看板が出ていますので、ちょっと目立たない感じですね。

地下鉄銀座駅のA1かB5の出口からはすぐそこです。

1階はショップスペースで、「長寿県」信州の暮らし、美しさと健康をシェア(分け合う)するコンセプトで長野県の物産・特産品がところ狭しと並べられています。また、イートインスペースもあって、月代わりで信州の特産品を使い、健康にも留意された食事メニューも提供されています。

6月は「エスニック風寒天サラダ麺のワインゼリー付」で、店内では信州ワインや日本酒の利き酒セットもあって、お洒落な銀座の夜にも似合いそうでした。

当然松本名物「山賊焼」もありましたよ。

画像-3

画像-4

画像-5

2階は、イベントスペース&観光インフォメーションコーナーで、丸山コーヒーのショップもありました。この日はお一人でコーヒーを楽しむサラリーマンや若い女性、催しものの打合せをしている団体さんなどがいました。

1階と違い、明るく開放的なスペースで、結構大人数でも信州を体験する各種のイベントができそうな場所でした。

画像-6

画像-7

ひとつとんで、4階は移住交流促進コーナーで、信州への移住相談や県内企業との商談などに使われるそうです。ここへは、エレベーターでの移動になります。

奥のテーブルでは、たぶん商談だと思われましたが、熱心な討議がされていました。

画像-8

画像-9

初めて行ってみましたが、とにかく信州って特産物も観光地も有り過ぎ~!というのが正直な感想です。

とてもあのスペースでは紹介しきれない感じで、長野県民の知らない長野県が溢れていました。

すぐ近くの有楽町駅前にある東京交通会館には、富山・大阪・兵庫・和歌山県などのアンテナショップもありますが、それぞれに工夫をこらしていますので、ついでに覗いてみるのも面白いですよ。

でも、「おっしゃれ~」度は銀座NAGANOが一番かな?(県民のひいき目?)

1 2

このブログのトップへ