来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 職員の取組 > あめの計量体験 ~消費生活展で普及・啓発活動~

あめの計量体験 ~消費生活展で普及・啓発活動~

日に日に寒さが増してきましたね。計量検定所のTです。

計量検定所では、計量の普及・啓発活動の一環として、今秋県内各市で行われた「消費生活展」等に出展してきました。
わがブースでは、パネルをはじめ、つい最近まで世界の「kg」の標準であったキログラム原器のレプリカほかを展示し、なんといっても一番の目玉は、お子様限定のあめを使っての「はかり」体験でした。
「はかり」体験とはなんぞやというと、皿手動はかりを使って50gのあめを量ってもらうという体験で、45~55gまでの範囲内であれば、量ったあめを全部プレゼントというものです。

まずは、9月8日(日)塩尻市で行われた「しおじりe-Life Fair 2019」です。
この日は好天に恵まれ、たくさんの方が来場されました。
スタンプラリーのブースにもなっていたおかげもあり、わが出展ブースにもたくさんの方に立ち寄っていただきました。長蛇の列ができるほどで、122名のお子さんに体験してもらいました。

次は、10月6日(日)諏訪市で行われた「諏訪市消費生活展」です。
「消費生活展」・「健康まつり」・「環境フェア」の3イベント合同開催でした。
開催時間が短いにも拘らず、98名のお子さんに来ていただきました。

最後は、11月9日(土)東御市「くらしを見直そう展」です。
ここもスタンプラリーのブースになっていたので、スタンプを押して貰いがてら、39名のお子さんが「はかり」体験をされていきました。

どの市でも恥ずかしがってやる子、あめを少しずつはかりに載せている子、あめを一つかみで大胆にはかりに載せる子などいろんなタイプの子がいて、こちらも少しドキドキしながら見てました。

来年以降も実施しますので、消費生活展で計量検定所のブースを見つけたら、是非ともお立ち寄りください。
(あめの「はかり」体験は、お子様だけですけど(笑))

このブログのトップへ