来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 林務課 > 地域の里山を自分たちで整備しよう!

地域の里山を自分たちで整備しよう!

また、里山整備利用地域のエリアを決める際は、AGが用意した「GIS」(地理情報システム)を地域の皆さんで覗き込んで、どの辺までをエリアにするべきかを検討しました。

「ここが○○の家だから、この辺は竹林がえらいことになっている」
「ここのがけ下も整備した方がいい」
など、活発な意見交換ができました。

大体のエリアを決めたあとに、実際に里山を歩いて、現状を確認しました。

地域で里山をよく知っている人を先頭に、「ここはうちの地区のとこで」とか「ここは昔火事があって・・・」などベテランの皆さんが、地域の若手に教えながら、里山を歩くことができました。
それにしてもベテランの皆さんの足取りは軽く、若手の皆さんも驚いていました。

課題であがった野生動物の痕跡も多く見られました。これは何の動物でしょうか?


アカマツの枯損木が倒れているものが多く見られました。


踏査の中では、間伐の必要な里山も確認されました。


やはり集落周辺の竹林は整備が必要な状況でした。


光久寺薬師堂の周辺も竹林が迫ってきています。

ここを中心に今後も竹林整備を進めていく予定です。
また、地域の皆さんだけでは整備が難しいところについては、林業事業体が整備できるかを検討することになりました。

今後は、地域の皆さんの合意形成が図られ、里山整備利用地域が認定されるように支援を続けていく予定です。

1 2

このブログのトップへ