来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 林務課 > 山形村清水高原で松本地区育樹祭を開催しました

山形村清水高原で松本地区育樹祭を開催しました

山形村清水高原「スカイランドきよみず」周辺で、松本地区の育樹祭を開催しました。台風が近づく中ではありましたが、式典が始まるころには雲が切れ、絶好の作業日和となりました。

山形村小学校みどりの少年団の皆さんを含め約300名の方にご参加いただき、平成18年に植栽した樹木の手入れや、歩道周辺の刈り払いなどに取り組んでいただきました。

また、平成28年に長野県で開催された全国植樹祭で、天皇皇后両陛下がお手播きになられた苗(シラカバ)の植栽も行いました。                  昼食後は、間伐材を活用した木工体験や清水寺散策と自然観察会を行い、清水高原を堪能する一日でした。

ご参加いただいた皆様には心より感謝申し上げます。

育樹祭の様子:

開会式典(主催者あいさつ)

天皇皇后両陛下お手播きの苗を植えました。

歩道周辺の刈り払い作業を行いました。

平成18年植栽の木を育てるため不要な木を伐採しました。

間伐材を使った木工体験:コースターづくり。

森林税PRキャラクター「里やん、山ちゃん」の焼印を押して完成です。

山形村の古刹、清水寺(きよみずでら)まで散策です。

山形村の清水寺は、京都の清水寺との関係も伝えられるお寺です。毎年、八十八夜(平年なら5月2日、うるう年は5月1日)には、本尊の御開帳があるそうです。

県内での有数の素晴らしいお寺です。山形村に起こしに際には是非、訪れてみてください。

このブログのトップへ