来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 松本建設事務所 > 乗鞍岳へ「火山噴火対策合同現地調査」へ参加しました。

乗鞍岳へ「火山噴火対策合同現地調査」へ参加しました。

松本建設事務所計画調査課K.K.Nです。
8月7日(水)「乗鞍岳火山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会(作業部会)及び乗鞍岳火山防災協議会の合同現地調査」に行ってきました。当日は、夏真っ盛り、夏一色の天候のなか、体調も万全の態勢で乗鞍岳周辺施設や山頂までの現地調査を行いました。
今回の調査は、噴火による被害を最小限にするために、各関係機関の専門の方々が集まり、実際に山を登る方々や山小屋などの施設を見ることでどのような課題があるか確認することを目的に実施しました。

乗鞍岳周辺の山小屋のご主人からは、施設の収容人数や有事の際の電力確保などについて説明をいただきました。繁忙期のお忙しいなかご説明ありがとうございました。

その後、山頂までの現地調査(ガチ登山)を実施しました。
畳平を出発し摩利支天岳東方へ登ると乗鞍岳の山頂が遠望できます。
ここで休みをとっていると、ヘルメットをかぶった集団が山岳案内人に見えたようで登山客の方から乗鞍岳について質問を受けてしまいました・・・

雪渓ではスキーを楽しむ方もいました。

肩ノ小屋からは、いよいよ乗鞍岳剣ヶ峰に向けた登山道になります。
コースタイム50分のところ25分というハイペースで登頂しました。

想定される噴火口です。
ここで噴火したらどうなるかと想像していた矢先、先に見える入道雲から雷の音が聞こえてきました。雷の音が聞こえたら下山しましょう。

個人的な趣味となりますが、山頂で販売されている登頂記念バッチ(700円)をゲットしてきました。

3000m級の山ですが、登山客は4歳位から70歳位と幅広い年齢層の皆様が来山していました。気軽に訪れることができる山となりつつあるようです。
今回の調査目的として、もし、ここで噴火があった場合・・・小さな子供、高齢の方の避難をどのようにするか・・・対応、対策が必要になると感じてきました。

乗鞍岳からの眺めは絶景、空気も天然のエアコンが流れ、大変心地よい自然空間です。
是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。
火山であることも頭の片隅におきつつ・・・

このブログのトップへ