来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

地域から愛される保福寺川に

こんにちは。松本建設事務所のTです。
冬も終盤に差し掛かり、そろそろ春めいてきましたね。
春はうれしいけど、花粉症に注意しないと…(苦笑)

さて、今回は春の陽気の中行われた保福寺川改修工事見学会の様子をお伝えします。

長野県では平成24年から「信州のいい川づくり」モデル事業を行っています。
「信州のいい川づくり」とは地域の特色を活かした河川改修を、地域の方々との協働により取り組む事業です。
松本建設事務所管内では松本市の四賀小学校付近の保福寺川が対象になっています。
この箇所は護岸がなく、河川で遊んだりもできない状態だったので
「遊ぶ・学ぶ・集う 未来へつづく保福寺川」をテーマに事業が開始されました。

今回の見学会は2月8日に四賀大橋上流で行われ、近くにある四賀小学校の2・4年生が来てくれました。

現場では
● 保福寺川の氾濫から四賀小を守る護岸について
● 水際に安全に近づきやすいスロープ作りについて  …といった工事内容を説明しました。

実はこの工事の計画図面、児童から募集した「理想の」絵や意見を取り入れたそうです。
地域の方々との協働作業の1つですね!

 

 

児童の皆さんには土をかける前のブロックなどを見学してもらいました。
みんな工事内容に興味深々…

 

児童の皆さんからは
●「自然や魚と触れ合える川になってほしい」
●「ピクニックできるね!」
●「早く完成してほしいな」  と保福寺川の工事完成を期待する声が多く聞かれました。

1 2

このブログのトップへ