来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

松本合庁トレッキング部活動報告④

そして!!なんと!!

頂上から種池山荘に戻る途中であの鳥の姿を拝むことができました。

皆さんお馴染みのライチョウです。

ライチョウは天気が曇っている時によく姿を見せるそうで、今回は運良くその愛らしい姿を見せてくれました。

「人にカメラを向けられても怯まない堂々とした姿、まさに県鳥としてふさわしいな!!」と思わず叫んでしまいました。心の中で。

 

その後、種池山荘に一度戻り、下山しました。(実は下りの方が圧倒的な苦行でしたが今回は割愛します。)

 

今回は朝の5時半くらいから登り始めて、14時半にゴールするおよそ9時間の山行でした。

当初は雨天が心配されましたが、登り切ってみると天気も良くなっており、美しい花、素晴らしい景色を堪能できました。

また、運良く長野県の県鳥であるライチョウも見ることが出来ました。

 

初めて体験する長時間の登山に何度も心が折れそうになりましたが、山頂で素晴らしい景色を見た瞬間に疲労感が充実感に変わりました。

この充実感は日常生活の中ではなかなか味わえないと思います。

皆さんもこの夏、爺ヶ岳に挑戦してみてはいかがですか?

 

それでは次回のレポートもお楽しみに!!

1 2 3

このブログのトップへ