来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

乗鞍岳~春山バス~

 

県道乗鞍岳線については、現在三本滝から長野岐阜県境まで冬期の積雪により通行止めです

位ヶ原山荘まで除雪が終了したので、5月の連休前の4月23日(土)から春山バスを運行

するための試運転に4月20日(水)、乗鞍岳春山バスに乗車して来ました。O

 

当日は非常に天気がよく、乗鞍岳も良く見えました。

O

乗鞍観光センター前から乗車しました。

森林管理署、環境省、地元関係者及びマスコミ関係の人が乗車していました。

O

最初は道路の両側に雪はありませんでしたが、県道をあがるに従って、両側に白い雪の壁が

O O

終点の位ヶ原山荘に近くなると雪の壁の間をバスが窮屈そうにカーブを曲がって上へ

O O

位ヶ原山荘近くでで雪の壁は高さ3mから4m位になりましたが、昨年は6m程となった

ようです。今年は、全体的に雪がすくなかった事を実感します。

O 

標高が上がれば上がるほど乗鞍の集落を含んだパノラマが遠くまで眺められ、南アルプスや

中央アルプスの一部が見れました。

O

終点の位ヶ原山荘で全員下車し、一休みした後、バスで来た道を下っていきました。

O

位ヶ原山荘から先は除雪作業をしており通行止めですが、除雪が終了次第大雪渓まで

運行を延長するそうです。

O

1 2

このブログのトップへ