来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 信州まつもと空港 > 大好評『富士山・アルプス遊覧チャーター』が実施されました!~搭乗者には、新ノベルティ『滑走路定規』をプレゼント!!~

大好評『富士山・アルプス遊覧チャーター』が実施されました!~搭乗者には、新ノベルティ『滑走路定規』をプレゼント!!~

こんにちは、松本空港管理事務所のオスカー・マイクです。

2月27日(土)に『信州まつもと空港』において、『富士山・アルプス遊覧チャーターフライト』が実施されました!

昨年12月の実施時にも大好評であったこのチャーターフライト。今回は、長野県在住者限定発売であったにもかかわらず、2月10日(水)10:00の販売開始後、わずか4分で完売したそうです!!

この日の機体は、ちびまる子ちゃんのピンクの3号機!

搭乗橋を利用せず、エプロン上を歩いての1番スポットからの搭乗であったため、普段、なかなか間近で見る機会のない航空機を前に、搭乗者の皆さんも記念写真をパチリとしていました♪

その後、出発する皆さまを空港関係者が手を振ってお見送り♪

送迎デッキで「楽しんできて~」と書いた横断幕でお見送りをする方もいらっしゃいました!

きれいな北アルプスに向かって飛び立った3号機!

この日は、このようなルートで飛行し、富士山周辺を遊覧!

皆さん、高度約5000mの近さからの大迫力の富士山をご覧ください!!


写真は、12月の遊覧チャーターに続き、この日搭乗し、いつも「空港見学会」「ナイトランウェイウォーク」にご参加いただいているアルファー・アルファーさんに提供していただきました!

アルファー・アルファーさんによると、この日は、揺れもなく穏やかなフライトで、富士山周辺のお天気もすごく良く、客室乗務員さんが「こんなに綺麗に富士山が見えたのは、私も初めてです!」というほどだったそうです!!

また、富士山の他にも、北アルプスや

中央アルプス

八ヶ岳や

諏訪湖なども眼下に綺麗に見えて、

とっても素敵な遊覧飛行でした。また、機会があれば絶対に乗りたいです!!!とおっしゃっていました!

遊覧チャーターフライトは、このように客室乗務員さん手作りの記念写真を彩るグッズで、記念写真を撮っていただくサービスも♪

約1時間の遊覧チャーターフライトを終えた皆さまを、到着ゲートでお出迎えし、グランドスタッフの皆さん等から、記念品をプレゼント!!

記念品は、新年のブログで製作をお伝えしていた新ノベルティの信州まつもと空港『滑走路定規』など!

この新ノベルティの『滑走路定規』は、主な配布が、『空港見学会』に参加いただく小学校低学年の児童の皆さまなので、長さは30cmとし

空港アルクマや実際の1/8000の長さの滑走路をデザイン。

この滑走路も、昨年9月に「信州スカイパーク」に開港した『ミニ滑走路』同様、着陸の目印である滑走路上のマーキングである「標識」をできるだけ忠実に再現しています。

より多くの皆さまにお配りしたいとの思いからコストを削減したことで、厚さがやや薄いですが・・・。

その他、FDAの新型15号機、16号機や消防防災航空隊の「アルプス」などの情報を更新した第3版の『信州まつもと空港 自由帳』や


グランドスタッフさんの手書きのメッセージが記入されたポケットティッシュもプレゼントしました♪

このコロナ禍において、県を跨ぐことがなく楽しめるこの遊覧フライトは、他空港では、修学旅行の代替えとして実施している例もあるようです。

『信州まつもと空港』では、3月5日(金)、6日(土)、7日(日)にも、富士山・アルプス遊覧チャーターフライトが実施予定。こちらも大好評で、いずれも、すぐに完売したそうです。

現時点で、それ以後の遊覧チャーターの予定は発表されておりませんが、また、遊覧チャーターが発売になったら、ぜひ、『信州まつもと空港』から、富士山やアルプスの山々を上から観る感動の遊覧飛行にお出かけください♪

このブログのトップへ