来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 信州まつもと空港 > 『信州まつもと空港』で化学消防車による消火訓練を実施しました!

『信州まつもと空港』で化学消防車による消火訓練を実施しました!

こんにちは、松本空港管理事務所のオスカー・マイクです。

『信州まつもと空港』には、万一の航空事故等に備え、化学消防車が2台配備されています。

これらは、国際民間航空条約に準拠した整備基準に基づき配備されているもので、整備基準では、日常的に使用する航空機の全長等に基づいて決定された空港区分に応じて、消防車両の台数だけでなく、水槽の大きさや消火薬剤の搭載量の他、ターレット(車載放水銃)による放射距離、加速能力、最高速度等の性能や救助用斧、バール等装備する救難機材の個数に至るまで、詳細に規定されています。

また、整備基準では、消防車両は、滑走路のいかなる場所にも、2分を超えないで到達することを目標とし、少なくとも3分以内に到達しなければならないとされています。

それでは、『信州まつもと空港』に配備されている化学消防車を、ご紹介!

こちらが平成27年度に導入した1号車。
○全長:11.99m
○総重量:34.6t
○水槽:10,500L
○薬剤槽:880L
○消火能力:6,000L/分
○射程距離:80m

平成18年度に導入した2号車はこちら。
○全長:9.5m
○総重量:19.975t
○水槽:6,100L
○薬剤槽:400L
○消火能力:4,500L/分
○射程距離:70m

通常は、この2台を配備していますが、車両故障に備えてもう1台保有しています。
その旧1号車は、信州まつもと空港ジェット化に合わせ、平成6年度に導入したもの。
○全長:11.65m
○総重量:39.455t
○水槽:8,500L
○薬剤槽:600L
○消火能力:6,000L/分
○射程距離:70m

1 2

このブログのトップへ