来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

そば処「野麦路」のとうじそば

こんにちは!
総務管理課のFです。

突然ですが・・・
長野県といえばやっぱり「そば」ですよね!(^^)

松本地域にも様々なおいしいおそば屋さんが存在しているそうです。
私、総務管理課のFはそばが大好きなのでこれから色んなおそばを食べたいなと思っています。
そこで、このブログでも「そばシリーズ」としてちょくちょく松本地域のおそば屋さんを紹介していけたらなと考えています。

そばシリーズ第1弾はそば処「野麦路」さん。

国道158号を市街地方面に進み、「東荒井の信号」を左折してすぐの所にあります。

落ち着いた雰囲気のお店です。

店内には、テーブルの席もお座敷の席もありました。

この日はとても寒かったので、私たちは「とうじそば」を注文してみました。
(写真の汁は3人前、そばは2人前です。)

「とうじそば」は漢字で「投汁そば」と書きます。
山菜がたくさん入った温かい汁に、小盛のそばを籠に入れ、浸して食べる信州奈川の郷土料理です。

しゃぶしゃぶをしているような感覚で、温かいそばを沢山の山菜と共にいただけます。
私の育った地域にはなかったので、食べるのは初めてでしたが、優しいつゆに自然の味が加わり、とてもほっこりしました。
普段は冷たいそばしか食べない私でしたが、温かいそばもとてもおいしいですね

食べ終わるころには、もう汗が出るくらいに体が温まりました。
とうじそばは、食べたいときに浸して食べられるので、そばが伸びないところもいい点ですね!
それに、そばを籠に入れて浸して食べるのは、わりと楽しいです!笑
みなさんもぜひ食べてみてください。

1 2

このブログのトップへ