是より木曽路 遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > カテゴリーなし > 農地整備課って何をしているの?(地方事務所各課紹介 第1回)

農地整備課って何をしているの?(地方事務所各課紹介 第1回)

 いきなり始まった木曽地方事務所 各課紹介シリーズの第1回。

 普通の人には、「県の地方事務所なんていっても仕事は何をやっているのかさっぱりわからないよね。」という疑問にお答えすべく、まずは一番なじみの薄い(?)農地整備課から紹介します。


(整備地区より夏の駒ヶ岳:上松町高倉)

 農地整備課の仕事を一言で言うと、 「農地を整えたり、農地のための水路や道路などを造る工事を行っているところ」 です。

 まあその他諸々も行っていますが主な仕事はそうです。(実施事業などの詳細は農地整備課のホームページを是非ご覧ください。今年度リニューアルしました!)


 皆さんも小学生の頃、地域の歴史を学ぶ時間で
「その昔、△△兵衛さんが私財を投げ打って水路を整え(ため池とかのパターンもあるかな)、この辺りにも田畑が出来るようになったのじゃ」
というようなお話を聞いた覚えはありませんか?

 現代において、それを税金で行わせていただいているのが私達農地整備課の仕事ということになります。


(ほ場の整備工事:上松町神田)


(農業用水路橋の架け替え工事:上松町空沢)

 具体的に「普段職員は何をしているのか?」との疑問にもお答えすべく、職員に一言ずつ何をしているのか尋ねてみました。

「農家からの水路などを直したいという要望をまとめて事業の計画を練る仕事をしています。」(N.K)
「農業用水路の設計積算及び工事監督を行っています。」(M.N)
「工事の契約事務などをしています。」(T.N)
「県が主体となり行う水路などを直す工事の予算を管理したり、工事を実際に行うための調整をしています。」(M.F)
「農業用水路や農道などの設計積算及び工事監督を行っています。」(Y.N)
「工事の積算及び工事監督をしています。」(T.K)
「事務の補助をしていますが、明るい職場で仕事が出来る様、笑顔も大事にしています。」(A.O)

1 2

このブログのトップへ