是より木曽路 遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 自然・名水・秘境 > 野尻鉄橋~林鉄の橋、往時を語る~

野尻鉄橋~林鉄の橋、往時を語る~

 かつて、木曽谷に毛細血管のごとくはりめぐらされていた木曽の森林鉄道(林鉄)。大部分が明治末期から大正期にかけて建設され、最盛期には総延長が430㎞にも上ったと言われる一大鉄道網も、次第にトラック輸送に取って代わられ、昭和50年(1975年)の王滝森林鉄道廃止を最後に、ついに木曽谷から姿を消してしまいました。

 廃止から半世紀。今でも各地に往時の面影をとどめている場所が残っています。その1つが今回ご紹介する「野尻森林鉄道」(正式名称ではないようですが)の木曽川橋梁(通称「野尻鉄橋」)。

 野尻森林鉄道は、国鉄中央西線野尻駅近くの野尻貯木場から対岸の殿・柿其までの延長約11.3㎞の鉄道で、大正7年(1918年)から同13年にかけて建設されました。当初、この鉄道は水利権と引き換えに電力会社が敷設して当局に引き渡すことになっていたのが、この鉄道も含めた4線37㎞分の建設費182万円(当時)を会社側が12年の分割で支払い、当局が敷設することに変わったのだそうです。林鉄の建設に必要となる膨大な資金が経営を圧迫したのでしょうか。

 この野尻鉄橋は、木曽の森林鉄道の現存する遺構の中では最大級だとか。社団法人土木学会の「歴史的鋼橋」のリストによれば、全長134.6m、ワーレントラス・プラットトラス・プレートガーターを組み合わせた構造になっていて、開通に先立つ大正10年(1921年)、日本橋梁によって製作されました。

 写真からもお分かりのように、整然と積み重ねられた切石の重厚な橋台・橋脚に、頑丈な鋼製の橋桁が据え付けられた美しい構造の橋梁で、多少手を入れれば十分現役で使えそうな風情です。専門家ではないので、切石の種類までは分かりませんが、木曽川には花崗岩の大きな岩塊がゴロゴロしていますから、現地で調達されたものなのかもしれません。

 橋に向かって緩やかに弧を描きながら続くアプローチは、まぎれもなくかつての鉄道敷。この道を小型の蒸気機関車が木材を満載した貨車を引いてあえぎながら上ってきたのでしょうか。

 昭和40年(1965年)に廃止されて半世紀近く経った今でも、風雨にさらされながら我々に往時を語りかける野尻鉄橋。歴史的文化遺産として、一度ご覧になってみてください。 


(野尻鉄橋から中央アルプスを望む)

このブログのトップへ