是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 味・食文化 > 「木曽牛(キソギュウ)」商品化に向け発信!!

「木曽牛(キソギュウ)」商品化に向け発信!!

 木曽地域は県内でも有数の和牛子牛の産地ってご存知ですか?

 和牛農家は、出生から8ヵ月程度まで子牛を育てる「繁殖」農家と、購入した
子牛を成牛まで育てる「肥育」農家に大別されますが、木曽地域では繁殖農家
150戸で成牛1,000頭飼育し、年間に子牛850頭程度を出荷しており、県内
でも有数の和牛子牛の産地です。

 でも、肥育農家は少ないため、「木曽牛」の認知度は今ひとつと言ったところです。

 そこで、 「木曽牛」をもっと身近で食べられるよう、7月26日に木曽合同庁舎の
調理室において、はじめて「木曽牛」商品化研究会を開催し、木曽地域の直売所・
農産物加工組合の皆さん約30名を対象に料理講習会を行いました。
 講師は都内有名ホテルでシェフを27年間勤め、現在は日義の加工施設で
工場長を務める大澤シェフにお願いしました。

 大澤シェフの「木曽牛コロッケ」と「木曽牛ハンバーグ」の試作品です。

 試食をしています。(^u^)

 最後には集まった皆さんで意見交換が行われました。

 今回集まっていただいた皆さんには「木曽牛」のサンプル肉を持ち帰って
いただきました。
 8月4日に、「木曽牛」のサンプル肉で作った料理を持ち寄り、商品化できるかを
検討します。

1 2

このブログのトップへ