是より木曽路 遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 歴史・祭り・ひと > どんぐりいっぱい~未来世紀へつなぐ緑のバトン~

どんぐりいっぱい~未来世紀へつなぐ緑のバトン~

 王滝村で開催している「未来世紀へつなぐ緑のバトン 秋のどんぐりまつり」に参加しました。

子供たちも夢中になってどんぐりを拾っていました。

 この「緑のバトン」のイベントは、王滝村でとったどんぐりの実を木曽川下流域の住民に育てていただき、大きくなった苗木を王滝村の昭和59年に発生した長野県西部地震の被災地で植樹を行うというイベントです。

 秋にはどんぐり拾いを、春には植樹を行います。

 今回は、どんぐり拾いです。王滝村銀河村キャンプ場で行われました。

 「緑のバトン」は、長野県西部地震により被災した王滝村の復興と、水源となる森を守ることを目的としています。


 木曽川は、愛知用水の水源となっていて、木曽地域には愛知用水の水がめである牧尾ダムと味噌川ダムがあります。王滝村には、牧尾ダムがあり、昔から愛知県や岐阜県と交流がさかんな村なのです。

 国道19号から王滝村に向かって進んでいくと、牧尾ダムが見えてきます。

 ちなみに牧尾ダムは、愛知県の知多半島の先端まで流れている愛知用水の水がめとなっています。

 現在、牧尾ダムには水がいっぱいありました。

 平成22年10月22日(金)、新聞を見ていると、水土里ネット愛知用水(愛知用水土地改良区)の人たちが、愛知県知多半島の先端から歩いてくるという記事がありました。H23に愛知用水通水50周年を迎えますが、その前年にプレイベントとして愛知用水の末端から最上流の牧尾ダムまで歩いてくるというイベントです。

 10月2日に愛知県南知多町を出発し、ゴールは牧尾ダムより奥にある銀河村キャンプ場のどんぐりまつり会場になります。

 距離にして約200kmです。それをリレー形式で歩いてきたとのことです。

 王滝村役場に確認したら、午前中の10時30分頃到着予定とのことでしたので、それに間に合うように私たちも出発しました。

 「緑のバトン」イベント会場に向かう途中で水土里ネット愛知用水の方が歩いていました。

 あと少しだ~!がんばれ~! (^o^)/~~

1 2 3 4

このブログのトップへ