じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 総務管理課 > 「元気づくり支援金」ヒアリング、趣向を変えて実施しました

「元気づくり支援金」ヒアリング、趣向を変えて実施しました

地域政策課のOです。

県では住民協働によるモデル的な取組みに対し支援させていただく「地域発 元気づくり支援金」制度を実施していますが、本制度の平成24年度における対象事業採択に向け、上小地域の各団体からご応募をいただいた事業計画について、採択事業を選定する「元気づくり支援金選定委員会」において適正な審査ができるよう、申請団体の皆様から詳しい計画内容についてお聞きするヒアリングを、現在実施しています。

このヒアリング、いつもは合同庁舎の会議室を使って実施していますが、今回、新たな試みとして、一部のヒアリングを市内の別会場で実施することにしました。

その会場が、ここ、ハナラボ

さあ、ドアを開けてみましょう。

「ハナラボ」は県の「新しい公共の場づくりのためのモデル事業」を活用して今年2月にオープンされた「Coworking Space」です。
会社や組織に属さず自分の才能や能力を活かして自由に仕事を行う皆さんが共有して使うことのできるスペースで、オープンな作業スペースやパーテーションで区切られた小ブースなどがあり、多彩な人々が業種の枠にとらわれず情報交換やアイデアをシェアする場となることで新たな協働・連携のチャンスも期待できるとして、オープン以来、注目のスポットとなっています。

我々のような非会員でも、オープンスペースであれば1日ひとり1,000円で利用が可能とのこと。
今回、この「ハナラボ」内にある打ち合わせスペースをお借りしてヒアリングを実施すれば、新たな発想や可能性が生まれるかも・・・ということでここをヒアリング会場にしました。

「ハナラボ」はご覧のとおり、若者が気軽に集える現代的で居心地のよい空間となっており、打ち合わせや作業の邪魔にならない程度の心地よいBGMが流れています。

ヒアリングは申請団体の皆様から計画概要のご説明をいただいた後、私たち担当から質問や意見を述べさせていただく形で行いました。
ヒアリングにお越しいただいた申請団体の皆様も、打ち解けた雰囲気で合同庁舎の会議室よりもずっと話しやすいと大変好評でした。

私たちも皆様から提出いただいた事業計画について、できるだけ皆様の思いや実施したい内容が選定委員の方々に伝わるよう、さまざまな視点からアドバイス等させていただいていますが、いつも以上に活発な意見交換となり「ハナラボ」での試みは大成功でした。

このブログのトップへ