じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 冬がやってきた!~私流 雪山の楽しみ方~

冬がやってきた!~私流 雪山の楽しみ方~

こんにちは。林務課takeです。

雪山といえば、スキーや冬山登山などアクティブなイメージがありませんか?それも楽しいですが、初心者にはなかなかハードルが高いものです。

そこで、道具もいらない、私流の雪山の楽しみ方を2つ紹介します。

 

1つ目は、足跡探しです。

動物は体重が軽く、足跡を見つけにくいものもいますが、雪は足跡がはっきり残ります。特に山では、積雪後に、動物の足跡がよく分かります。

お子さんと一緒に、キツネやウサギ、シカなど、足跡を見つけてなんの動物か当てるクイズにしてみたり、同じ歩幅で歩けるか競争してみたりと足跡1つでも色々な遊びができます。

また、大人であれば、山ごとに足跡の数や種類に違いがあり、それを比較してみるのも楽しいです。

2つ目は、雪の違いを感じることです。

写真の木についている雪はサラサラしていて、遠目に見ると葉っぱのようです。これが、湿った雪になるともこもことしてきて、ボリュームが出ます。

積雪の量や気温によって異なる雪質を木や葉っぱについた状態で比べるとよくわかります。

雪山は、これ以外にも電柱などの障害物がないため、青空と雪がきれいに映えて、写真をとる方や絵を書く方も楽しめます。

少しスローに楽しむ雪山にぜひ挑戦してみてください。

このブログのトップへ