じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > まちづくり > 「だから映画を作るんだ。」第22回うえだ城下町映画祭開催!

「だから映画を作るんだ。」第22回うえだ城下町映画祭開催!

上田建設事務所のOです。

今年も、うえだ城下町映画祭の季節になりました。

第22回目を迎える今回は、「だから映画を作るんだ。」をキャッチフレーズに、上田文化会館(中央公民館 上田市材木町1-2-3)を会場として11月17日(土)、18日(日)に開催されます。

上田ロケ作品をはじめ、話題の映画が上映されます。

初日の11月17日(土)は、本ブログでも紹介した上田ロケ作品『サクラとミソラ』(2017年)と『エキストランド』(2017年)が上映されます。

上田ロケ作品!短編映画『サクラとミソラ』YouTubeで配信中!

 

認定ウエダキネマ作品! 映画『エキストランド』いよいよ公開!

続いての上映作品は『勝手にふるえてろ』(2017年)、『カメラを止めるな!』(2018年)。

『カメラを止めるな!』は劇場で観ましたが、冒頭のワンカット・ワンシーンは必見です。

ゲストトークとして、『エキストランド』からは坂下雄一郎監督、田中雄之プロデューサー、『カメラを止めるな!』からは上田慎一郎監督、俳優の秋山ゆずきさんが各作品の上映後に出演します。

撮影の裏話が聞けるかもしれませんので、こちらも見逃せません。

2日目の11月18日(日)は、自主制作映画の先駆者である大林宣彦監督が余命3カ月と告知された中で撮影された『花筐/HANAGATAMI』(2017年*PG12)が上映されます。

上映後には大林宣彦監督のゲストトークがあります。どんな話をされるのかとても気になります。

続いて、『シン・ゴジラ』(2016年)、『ビジランテ』(2017年*R15+)が上映されます。

『シン・ゴジラ』も観ましたが、劇中のセリフがテンポ良く、音楽もリズム感がある作品で、今回は応援上映として映画の登場人物へ歓声や喝采を送ることができます。

なお応援上映の詳細は第22回うえだ城下町映画祭ホームページをご覧ください。

https://www.umic.jp/eigasai/ouen.html (「シン・ゴジラ」応援上映について)

また、今年で第16回目を迎える自主制作映画コンテストの受賞式と大賞作品の上映が11月17日(土)に上田文化会館で、受賞作品とノミネート作品の上映会が11月17日(土)、18日(日)に犀の角(上田市中央2-11-20)にて行われます。

「映画のまち うえだ」ならではの2日間です。ぜひこの機会にご来場ください。

上映スケジュール、チケット情報等の詳細は、第22回うえだ城下町映画祭のホームページまたはチラシをご覧ください。

https://www.umic.jp/eigasai/ (第22回うえだ城下町映画祭ホームページ)

1 2

このブログのトップへ