じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

マルメロ夜イチ

 商工観光課のWです。
 7月21日(土)、「マルメロの駅ながと」でナイトマーケットイベント「マルメロ夜イチ」が開催されました。
 昨年に引き続き、2年目のイベントとなります。

 昨年のイベントは雨にたたられ、前日金曜日の午後も耳をつんざくような雷と大雨の天気でしたが、当日の天気は◎。
 浴衣の子ども連れの親子や道の駅に休憩に立ち寄ったお客さんなど、大勢のお客さんが来ていました。



 夏休みにはまだ早いですが、射的やヨーヨー釣りなど夏祭り感満載で、子どもたちも楽しんでいました。

 参加していたお店の中から2店、紹介。
 1店目は、「牧舎みねむら」さん。

 湯の丸高原へ行く途中で、黒毛和牛専門の牧場を経営していて、牧場内の直販所のほか、イベント時の移動販売とオンラインショップを中心に商品を販売しています。

 いただいた商品がこちら。


 黒毛和牛のカルビ丼とビーフソーセージ。
 どちらもあふれんばかりの肉汁で大満足です。

 2店目は「スイスコーヒープランツ」さん。


 長和町名産の黒耀の水に魅せられて、その水を使った水出しコーヒーを提供されていました。
 写真は、京都でお店を開いていた佐藤さん。
 今、京都のお店は休業中で、長和町で地域おこし協力隊として勤務していらっしゃるそうです。

 ステージの熱気もお客さんと一体となって最高潮でした。
 3DCG映像とシンクロするダンスによる「酒井啓至」さんのパフォーマンス。


 まるで、本物のロボット?と戦っているよう。

 イベントの終演前には、長野県を中心に活動する火のパフォーマー「GORO PIKA」のパフォーマンスが昨年に引き続き開催されました。


 パフォーマーの方と地域の人、観光客などお客さんとの一体感が昨年よりも増していた感じです。

 8月4日(土)には、今年度の第2回の夜市が開催され、観光イベントマーケットとして、着実に実を結んでいるようです。
 また、この5月には、長和町の黒曜石に絡む縄文文化が日本遺産に認定されました。
 さらに、平成31年に、この道の駅「マルメロの駅ながと」は、改修され生まれ変わる予定です。
 いろんな資源が有効に活用されていくことを期待します。
 がんばれ長和町!

1 2

このブログのトップへ